2018年05月21日

カルボレンといいます! 〜その824〜

好きなものをより知りたいと思うのは当然のことでしょう。
しかし、一つの好きなもののために調べ続けることができる人はどれほどいるでしょうか。
たいていのことはある程度知ると満足してしまいますが、その先を知りたいと思うとどれだけの労力が必要になるのでしょうか。その過程にいるものにとっては難しいのかもしれません。
自分がそのことをどれだけ知っているのか、それを確かめる術はありません。それが正しいとは限りませんし新しい事実は次々に出てくることでしょう。終わることのないものをしているような気分になってくるのでしょう。ある程度で区切りをつけないと、つらいものなのかもしれませんね。
それでもやり続けた人は変人と呼ばれるか、秀才と呼ばれるか、難しいものだと思います。それがメジャーであるかマイナーであるかという違いしかなく、それぞれの世界のなかで秀才と言われる人も、まったく違う世界から見たら変人になることでしょう。それも仕方がないのです。好きなのですから。
変人と言われようとも一つのことを突き詰めていくことができる人は尊敬できると思う、そんなカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:20| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

カルボレンといいます! 〜その823〜

人である以上、自分のやっていることには意味があるのだろうかと考えつづけてしまうものです。自分はどうしてこんなことをしているのか。何のためにやり続けなければならないのか。そんな理由を考えはじめたとき、楽しかったものがつらいものになったり、やらなくなったり、嫌いになったりするのでしょう。だから娯楽は無心でやったほうがいいのかもしれません。何のために通いつめたのか。何の時間を費やしたのか。何のためにお金をかけたのか……そんなことを考えはじめて何も残っていないということに気がついてしまうと吐き気を催してしまうほど忌わしいものへと変化していくのです。
そのために何か残っているものを探すということも一つの手かもしれません。何か残すことができたのであれば、それだけやったかいがあったというものです。私の今こうして書いているものも話数が増えていくうちに記録という一つのやりがいというものを見いだしてきたのです。形に残るものこそが一番わかりやすいやりがいになるのではないでしょうか。
たとえそれが目に見えて分からないものであっても記憶に残っている。それで満足できるものであればやればいい、そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:05| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

カルボレンといいます! 〜その822〜

昼間起きているのがつらくなっていき、夜のほうが生き生きとしてくるというのは夜型の人間になりつつあるからなのでしょうか。人の順応はときに凄い結果を産み出すことになるものです。気がつかないうちにどんなことに順応してしまったのかを考えなければ普通ではないことには気がつかないことでしょう。自分が変わって行くことには近くに居る人も気がつかないほど些細なものですが、たまにしか会わない人であれば気がつくような変化を常にし続けているのかもしれません。
人は実は常に変化している、その日その日で自分自身というものは変わって行くのです。何を知って何を忘れたのか。それを考えて生きている人は少ないことでしょう。自分が何を学んで何を必要としなくなったのか。そんなことを考えてみると、常に自分が変わっていることに気がつくのです。
今日の自分はどんなことを知りましたか。昨日まで知っていた何を忘れましたか。それに気がついたとき、変わってしまった自分にふと気がつくのかもしれません。
昨日の自分にはなれないけれど明日の自分を作ることはできるかもしれないと、そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 20:48| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

カルボレンといいます! 〜その821〜

限られた時間の中で何をすることができるのでしょうか。やりたいことがたくさんある人にとって欲しいものは時間でしょう。眠くても、体調が悪くても無理をして時間を有意義に使いたいと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそんなときは休んだほうが効率良かったりもするのです。なんとも不思議なものですが常に最善のことが近道ばかりとは限らないことは分かっています。しかし、目先のことについ手を伸ばしてしまうからこそ、人は考え、悲しみ、そして進化していくのでしょう。同じ失敗を繰り返してはいけません。自分が思う最善の行動をし続ければ、限られた時間内であったとしても自分のしたいことを効率的に行なうことができるかもしれません。一つひとつのものにどれだけの時間を費やすのかはわかりませんけどね。
単純な作業であったとしても、それを積みあげれば、数百、数千と続けたとしたら1回0.1秒のことであったとしても10秒、100秒もの時間を有することになるのです。しかし必要なことなのかもしれません。
1日が24時間と決まっているからこそ、自分が何にどれだけの時間を費やすのかを考えることをしようと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:04| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

カルボレンといいます! 〜その820〜

睡眠をするということは良いことです。ほどほどの睡眠は自分にとって最高の幸せを与えてくれるものでしょう。
極端に短かったり、長かったりするのなら問題かもしれませんが。
睡眠時間が不十分であれば、人は余裕がなくなっていくのかもしれません。また習慣であり、睡眠時間は長くしようと思えば長くでき、短くしようとすれば短くできるものです。しかしゆっくりと侵食する自分への被害は気がつきにくい。いつの間にかつらい日々になっていると感じたら睡眠時間を変えたほうがいいのかもしれません。ただ目を閉じているだけでもいいのでしょうから。
睡眠というのは幸せなものです。何ものにも妨害されてはならないものであり、唯一一人の世界に入ることができるものです。そんな空間に逃げ込むことができるというのなら一番良い睡眠を探したい。そんなことを思うのです。
自分の体調が一番良いであろう睡眠を探すことから始まります。長いスパンで見なければいけません。一日二日ではわからないです。少しでも変な感じがしたら睡眠時間を変えてみる。そうしてみるといいのだと思います。
そんなことを考えたカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:55| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする