2018年01月23日

カルボレンといいます! 〜その709〜

人はどんなものにもなることができるのです。自分が思い描くものになることができ、他人を自分の思いのままの姿にすることも可能でしょう。しかし、それにはタイミングや難易があり、自分の望んでいるタイミングでおこなうことは不可能に近いことでしょう。自分の望みであればあるほどに遠ざかり、他人と干渉することで、自分の姿はより自分らしい姿に構築されていくのです。自分の思惑と他人の思惑。それらが混ざりあうことで自分は作られていく。なのでどんなものにでもなることはできますが、思い描くものになることができるのか、はわからないことでしょう。
自分というのはたくさんの姿があるものです。常に変化し一定ではない。そんな自分の姿を認識したときでさえ、また違う姿に変化しているのです。そのなかに自分の好きな形があるとするならば、それを思い描いていればいいのです。いずれは近づいていくことでしょう。それがいつになるのかはわかりませんが。
一度でもなったことがあるものならふたたび巡ってくる可能性があるのです。自分に適しているものはより可能性が高く、ふさわしくないものは生きているうちに起こるかどうか。ですが望んでいるのです。
そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:27| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

カルボレンといいます! 〜その708〜

予想外なことばかりが起きる世界ですが大丈夫でしょうか。心配になることがあります。この世界には予想外なことのほうが予想できることよりも多いのです。思い通りにならないとしても問題はなく世界は巡るのです。しかし信じたくもない予想外の出来事が起こったときのショックは耐えがたいものなのです。苦痛をともなう予想外は遠慮したいと、そう願っているのです。
喜ばしい予想外ばかりだといいのですが、そんなことはありません。とはいっても喜ばしい予想外に関しては、起こっても気がつくことがないだけで多く起こっているのかもしれません。しかし感覚的には嫌がらせのような予想外ばかりが目立ち嫌なことばかりが起こっているような気さえするのです。予想外とはどんなことでしょうか。人によって異なるイメージではありますが、わたしにとって予想外は嫌なものでしかないのかもしれません。
すべてを把握することはできないのですが、それでも予想をしたいと願うのです。とっさの行動というのは難しいものですからね。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:22| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

カルボレンといいます! 〜その707〜

人の外見が異なるとその人と判断することは難しくなります。特定の場所であれば、その人がその人であると推定することはできますが、街のなかでまったく顔が異なっていたら声をかけることなく通りすぎることでしょう。気がつかないのです。それは普段、人のことを顔で判断しているという証拠ではないでしょうか。
しかしまったく違う姿であったとしても、会話をしたり行動を見たりしていると、その人が本人であるということに気がつくことができることがあります。顔を変えて別人になったとしても、自分であるということを証明することができるのです。それは言ってしまえばたとえ他人であっても自分であるという証拠をもっているのならば、その人物になりきれるということになるのではないでしょうか。
そうなると意識の共有をすることができるのならば無数の私がいるということになり、それは自分の分身といえるのかもしれません。たとえ姿が異なったとしても自分と同じ考えを持っていれば、人間というくくりで自分とおなじ存在になりえるのかもしれないと、そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 19:16| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

カルボレンといいます! 〜その706〜

人は諦めることができる。それは確かなことでしょう。なんでもかんでも諦めて、結局なにをしない人もいます。何もしなければ人に迷惑をかけることはないと、考えることもできますが、生きている時点で何かをしているのです。人として存在する限りすべてを諦めて何もしないことはできませんが、それでもできるかぎり何もないでいられるものなら、それに越したことはないというように考えをめぐらしてしまうのが人なのです。どれだけ力を抜いて自分らしさを出すことができるのか。ということを考えること。それはひとつの人生の課題なのかもしれません。
自分の力を出すというのは簡単なことではありません。人が力を抜くには緊張を和らげ、力を出すことに慣れていかなければならないのです。そんなときに邪魔をしてくる諦めきれないという感情を抑えこみ、やるべきことに寛容になることで、人は本来持っている力をだすことができるのではないでしょうか。
それは果たして万人に向けてに言えることなのかはわかりませんが、ある一定の人に向けたことなのかもしれません。カルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:05| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

カルボレンといいます! 〜その705〜

約束は人を縛る鎖にはなりえません。お互いの意識のなかにそれがあるかぎりは少しでもそれを遂行しようとしますが、それを越えるものの存在によって上書きされると簡単に忘れてしまう。約束とはそんな簡単なものだったのかと思えるほど簡単になくなってしまうものなのかもしれません。だからこそ約束を必ず守ってくれる人というのは貴重であり、大切にしなければならないものなのかもしれません。約束を鎖として捉えることができるのならそれも可能なのかもしれませんが。人に約束をお願いするときは、それを叶えてくれることを期待してはいけません。自分の意識のなかで、それを叶える努力をしなければ、約束は約束で終わることでしょう。
だからこそ、簡単に約束をしてはいけないかもしれません。約束をするということはどちらともなく起こり、少なからず期待をしているのかもしれません。ならば約束を意識しなければならないでしょう。約束を甘くみていると取り返しのつかないことになる。それは相手を縛る鎖ではなく、自分を縛る鎖になりえるのですから。
カルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:41| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする