2017年06月06日

カルボレンといいます! 〜その478〜

自分の好きなことをやって、後悔してはいけません。
たまにいるのですが、さんざん、自分の好きなことをして愚痴をこぼす人がいます。どうしてやってしまったのだろう。どうしてこうしなかったのだろう。そんなことを言っている人は贅沢であり、ワガママなのです。
自分がしたいことをしたくて、それでも出来ない人はたくさんいるのです。
自分の好きなことをしている。それだけでも嬉しいことだというのに、さらにそうして行ったことに対して後悔する。そんなことはあってはいけないのかもしれません。
好きなことをして、できる人というのは、この世界中で何人いるのでしょうか。
自分のことを抑圧して、悔しい思いから後悔している人は何人いるでしょうか。
そんなことを考えると好きなことをして文句をいうなんて馬鹿らしくなり、素直に「好きなことができて、ああ楽しかった」なんてことを言えたらいいな。なんて思うのです。
それだけでも自分は幸せだと感じることができる。人は多くを求めなければ、隣にいつも幸せがあるのだと信じています。そんなカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:36| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする