2017年06月13日

カルボレンといいます! 〜その485〜

たいしたことではありませんが、気になってしまったら人はそれのことばかりを考えてしまうものです。私はそんなたいしたことのない気になってしまったものを調べています。調べれば満足をして、そしてそのうち忘れていくのでしょう。ただそれだけのことだというのに、その時は必要だと思っているのですが、その衝動は抑えることができないものです。皆さんが最近、気になっていることとはなんでしょうか。それはたいしたことなのでしょうか。どうしてそれが知りたいのでしょうか。そんなことを考えてみるとよくわからないことがこの世界にはたくさんあります。そんな世界に生きている自分自身は、よくわからない存在の1人なのですから。
そしてそんなわからないことを知らなくても人は生きていくことができるのです。つまりたいしたことではないのでしょう。たいしたことがない存在がたいしたことがないことを考えている。ただそれだけのことであり、わざわざそんなことで考え込むなんてもったいないかもしれません。しかし、そんなことを考えてしまうのが人間なのでしょう。
諦めてその場限りの知識を集めようと思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ

posted by さくら紅葉 at 17:04| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする