2017年06月15日

カルボレンといいます! 〜その487〜

自分の好きなことをこだわるのは仕方がないのかもしれません。自分の好きなことだからこそ、自分の思いどおりにしたいと思うのかもしれません。自分がこうしたいと思って行動するからこそ、周りが困ったことになってしまうのです。好きなことをするというのは大変なものですね。
こだわってやるのはいいことですが、あまりにもそれだけを見ていると、周りが見えなくなってしまいます。そうなると周りからの評価は下がっていってしまいますから好きなことにこだわってばかりはいられないのでしょう。周りを見て、ある程度、色々なことをやらなければならないのかもしれません。そのほうが好きなことから新しい発見をすることができるかもしれませんからね。
好きなことばかりしていると新しい発見を出来る可能性は減っていくのかもしれません。色んなことをして、たまに好きなことにこだわる時間を取る。そうすることできっと、より楽しむことができるのかもしれません。理解し、笑うことができるのかもしれません。
好きなことをしつつ、周りを見る余裕がある。それが良いと思っているカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:55| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする