2017年10月05日

カルボレンといいます! 〜その598〜

人によって好きなものは違う。それは分かっています。明るい雰囲気が好きな人がいれば暗い雰囲気がいいという人もいる。人によってはその時の感情によって変化することもある。今日はこの曲が好き、明日はその歌が好きという感じですかね。その曲は聞いていたけれど、もう飽きた。という人もいるかもしれません。誰もが、いつまでも好きだと言い続けられる曲は何曲あるのでそうか。そんな曲はないのかもしれません。だからこそ「自分はこの曲が好きで、あなたはどんな曲が好きなのですか」と聞くことでしょう。
私は暗いものが好きで、明るいものから離れていきたいと思うのです。そう思っている人は何人いることでしょう。人であればたいていは光を浴びたいと思うべきなのかもしれませんが、私はその光を避けてしまうのです。光は私にとっては害があると思えるものだと考えていても、ほかの人はそうは思わない。その溝は埋まらないのかもしれませんね。だからといって多いほうになろうとは思えないものです。もう片方の考えを理解して、そんな考えがあると歩み寄るだけでいいのだと思います。
当たり障りないようにやろうと思うカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:55| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする