2017年10月06日

カルボレンといいます! 〜その599〜

最近、楽しいこととはなんだろうと考えてしまいます。自分にとって楽しいことを探しているのは、それだけで楽しいことですね。むしろ、それが楽しいのかもしれません。楽しいことを探しているうちが、楽しいということはあるのかもしれません。何事も体験しているうちが、初心者のうちが楽しめるのかもしれません。どうやるんだろう。こうするのかな。そうして試行錯誤しているうちが私は楽しくなります。そしてある程度やり方がわかって、これがいいと思ってしまったら、そこからは効率化が始まるのでだんだんとつまらなくなっていくのです。最終的にはこれじゃない。と辞めてしまうことでしょう。見つけてやり始める。それを繰り返しているのです。
楽しいことは人それぞれですが、やり込んでいくと楽しいと思うことが減っていくのかもしれません。それは未知の発見というものを好んでいる人が多く、それが減ることによって楽しいと感じにくくなることが原因なのかもしれません。楽しいことを探す旅は続くのかもしれませんね。そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:07| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする