2018年02月03日

カルボレンといいます! 〜その720〜

目は口ほどに物を言うといいますが、本当でしょうか。たいていの人は目を合わせようとすると目を伏せます。きっと自分の心の内を知ってほしくないという気持ちがあるのかもしれません。人は知っているのです。目から思っていることがばれてしまうということを。
人の目をじっくりと間近で見ることはありますか。他人の目です。自分の目ではいけません。他人の目をじっくりと見ると確かに伝わってきます。相手の感情が。その感情によって自らのするべき行動を理解します。こんなことはしてはいけないのだと。人の嫌悪を感じているときの目はとてもわかりやすいのです。人によってはさまざまな目の変化を見ることができるかもしれません。そんな観察をしてみるのもいいかもしれませんね。
人の表情は目をはじめ、すべてを総合して感情を推測します。さらに話す言葉や語調などを踏まえてほとんどの感情を正確に当てることができる能力を人間は持っているのです。じっくりと顔を見ることにしましょう。
それがどんな結果をもたらすのか、少し興味があるカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ

posted by さくら紅葉 at 17:53| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sponsored link