2018年02月09日

カルボレンといいます! 〜その726〜

少しの時間でできることを探してみると意外とないものです。いつの間にか熱中していてその時間を越えてしまったり、まったくつまらなくて時間つぶしにすらならないものだったりします。そんなときはいったいどうすればいいのか困ってしまうものですが、意外なことがその時間にぴったりなのかもしれません。どれだけの時間かわかっていれば、何をするべきかを決めることができるのかもしれませんね。
ほんの数秒、数分であっても無駄にはしたくないものです。時間は限られているのですから。しかし人は最善の行動を取りつづけることはできません。無駄を省いた人生が楽しいとは限りません。なので少しだけあいた自由な時間くらい無駄なことをするべきです。そして新しい考えを吸収して違う自分に生まれ変わるのです。ほんの少しの時間であったとしても自分のいままでの人生をすべて否定するような何かを見いだすことができるのかもしれませんから。
少しの時間でできることはなんでもいいのですが、自分にとって有意義な時間を過ごせるものがいいのです。それは意外なものなのかもしれませんね。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:01| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする