2018年04月21日

カルボレンといいます! 〜その794〜

ああ、まとめるということは難しいものですね。まとめる人によってその見やすさは大きく変わります。一つの物語だとしても、どの人がどのようにまとめるかによって印象が大きく変わります。すごく哀しい物語だというのに面白いものになったり、良い話が悪い話にまとめられたり自由に印象を変えることができます。綺麗にまとめる人とまとめているうちに訳が分からなくなる人、何が違うのでしょうか。
それはきっと一つの軸があるかどうかに決まるのではないでしょうか。どんな物語にもいくつかの軸があることでしょう。そのうちの一つを正確に読み取り、その部分をうまくつなげることでまとめになるのかもしれません。
しかし豪華に装飾されたものからその骨格を取り出すということは技術が必要なのです。何度も推敲を重ね、たくさんの作業をすることによって技術を高めることでまとめる力というものが必要になるのかもしれません。要領の良い人は簡単に出来てしまう作業だと思いますが、できない人にはいつまでもできないことでしょう。
まとめるというのはきっと多くの努力が必要になるのかもしれません。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:13| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

カルボレンといいます! 〜その793〜

人には我慢が必要ですが、どこまで我慢することができるのでしょうか。
人にとって我慢はしなければならないものです。しかしどこまでのことを我慢すればいいのか、ということを教えてくれる人はいないでしょう。自分の尺度で我慢の限界は決められているのです。我慢することが得意な人が我慢できることは、我慢できない人にとっては信じられないものなのかもしれません。なのでその基準に引き上げることはできませんし、引き下げることもできない。自分がどこまで我慢できるのか、ということを知らなければ分からないことなのでしょう。
我慢にもさまざまな種類があることは知られています、我慢にも様々な種類があるのでしょう。我慢できるものと我慢できないものがある、それは確かなのです。それは人それぞれに好みがあるのと同じようなことなのでしょう。
なので私は思います。我慢しきれないと思ったら誰か、不特定多数に相談をすればいいのです。これは我慢するべきことなのか、我慢しなくて良いことなのかを考えてもらえばいいのです。他人は冷静に、客観的に判断して、決めてくれることでしょう。
そんな人がいない私は誰に相談すればいいのでしょうね、そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:03| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

カルボレンといいます! 〜その792〜

夢で幾度も見た光景を実際に自分の眼で見ることができたらどれだけ面白いことでしょうか。朝起きたらその場所に居た。なんてことがあったら面白いと思います。自分が眠りに就いた部屋の夢を見て、目覚めたら同じ場所に居るという例外を除いてですが。
しかし面白くはありますが夢を見る場所が普通に立つことが出来る場所とは限りません。空高く飛んでいる夢を見るときは目覚めた瞬間に墜ちますし、海底深くに沈んでいる夢を見たら目覚めた瞬間に溺れます。夢が良い夢である可能性は悪い夢を見る可能性と等しいものであり、決して夢で見た光景=行ってみたい場所、もしくは居心地が良い場所とは限らないのですから。
見ている夢に入り込み、そこを現実にしたいと思ったとき、人は夢に囚われるのでしょうか。起きたくない、目覚めてしまったら終わってしまう。という気持ちが生まれたときには夢は切り替わり違う夢が始まっていることでしょう。
現実が夢であったとしても気がつかないような夢を何度も見てきました。空を飛んだことはありませんし海底に沈んだこともありません。夢で幾度も見た光景は結局いつもと変わらない普段の光景だったのです。
結局夢を実際に見たとしても夢ほどの美しさがないのかもしれないと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:57| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

カルボレンといいます! 〜その791〜

色んな人のことを見ていることが趣味なのですが、その人の一生を見続けることは叶いません。その瞬間瞬間を見ただけではその人のことを完全に知ることはできません。その人のプライベートな部分とパブリックな部分、年を重ねるごとに変化していく性格と人と人との繋がり。すべてを知らなければ意味がないのですから。
一生は尊いものです。自分の一生は何にもないように見えて、日々の繋がりであるということが分かるように、他人にも毎日の積み重なりの結果、生まれたものです。そう考えるとこの世界はいくつもの世界が存在し、重なり合わない部分を知りたいと思うのも人の心境ではないでしょうか。
人々が積み重ねた毎日の記録、それは自分にしか分かりません。しかし話に聞くことが出来るのです。どのような日々を送ってきたのかということを。話を聞いて成長を見守るというと偉そうに聞こえるかもしれませんが、人々は日々変わっているのです。その変化が大きいとしても小さいとしても、微笑ましいものでもつらいものでも、どんなものであったとしても、私自身の刺激となり得るものなのではないでしょうか。
だからこそ今日も私は探しているのかもしれません。そんなことを思うカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:59| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

カルボレンといいます! 〜その790〜

印象とは大切なのです。一つひとつの印象を積み重ねてその実像ができるのですから。
そのなかでも初めの印象は一番大切なのでしょう。それによって基盤ができるのですから。基盤は簡単に固まってしまい、簡単に変えることはできないのです。それを元にして印象を積み重ねていくのだとしたら、その対極が本当の実像だとしても、そこまで辿り着くのは難しいことでしょう。初めの印象は注意しなければならないのです。
だからこそ、誰も知らないものを作り出すことは大切なことです。それが良いものであればあるほどそれが基となるのですから。しかしその後が続かなければ実像が衰え見向きもされなくなってしまう。初めの印象が普通なら、傷は少ないのでしょうが、それが良いかどうかは判断しかねます。
印象を操作することは誰にでもできます。その印象に残ることを口に出せばいいのですから。しかしそれが実像から離れれば離れるほど伝わりにくく、忘れ去られてしまう。だからといって、伝わりやすく覚えられているものが実像とは限らないというのはなんとも面白く興味深いものです。
印象と実像が重なることは永遠にないのかもしれない、そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:41| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

カルボレンといいます! 〜その789〜

自分の好きなことを探究し続けること。それが一つの人生の楽しみなのかもしれません。一つのものの良いところ、悪いところを調べ尽くすこと。それは好きなことが嫌いになっていくことの始まりかもしれません。だからといって嫌いになったものを探究する必要はありません。そしたらまた好きなものを探して、それを探究すればいいのですから。
どれだけ探究すればいいのか。それは自分自身が決めることです。自分自身が満足するまでやり続ければいいのです。探究とは果てしないもの。いくら続けたとしても結論を見い出すことができず、それなりの成果を求めれば簡単に答えは出ますが、難しく考えれば考えるほど答えは複雑になっていく高等数学のようなものなのです。探究を続ければ続けるほど答えとは一体何なのかと哲学のようなことを考えはじめ、その段階を越えたとき、その専門家となれることでしょう。
どうすれば専門家になることができるのか。それは一つの結論に満足せず自問自答を続けることによって生まれるのでしょう。一つの資料からいくつもの可能性を見い出し、その可能性を潰しながら新しい可能性を探す。それが続けられるのはきっと限られた人なのでしょうね。
探究したいものが多い人はどうなるのでしょうか。そんなことを思うカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:59| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

カルボレンといいます! 〜その788〜

人は本当に恐怖を感じたとき、どうなるのでしょうか。色んな話を聞きます。気を失ったり、頭髪が白に変わったり、我を失ったり、発狂したりするかもしれません。それに実際になったとかならないとか話を聞くたびに彼らが言うは「本当に怖かった」、という言葉ではないはずです。恐怖を恐怖だったと振り返ることができるのは真の恐怖ではないと思いますから。
最も悍ましい恐怖を突き詰めていくとどうなるのでしょうか。恐怖はストレスであると考えることができるので心臓に負担がかかることによる心臓麻痺が最大の恐怖でしょうか。死がそのまま恐怖の対象であると考えると、たしかに最上の恐怖に近いものがあるかもしれません。
しかし思いもよらない恐怖があるのでしょう。想像もできない恐怖が私たちの身の回りに存在している。私はその存在を知ろうとしているのかもしれません。その先に待ち受けている運命がどんなものなのかは分かりませんが。
見たことのない恐怖を追い求めた結果がどうであろうと、最上を求めるのが探究者なのですから。
恐怖は近くに常にあり、奥が深いものだと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:06| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

カルボレンといいます! 〜その787〜

人の運命を知ることは難しいことです。しかし運命を作ることはできる、その通りになるかどうかは分かりませんが。
自分の運命を変化させたり、向かいたい方向に捻じ曲げることはできます。自分の歩む運命がどんなものになるか分かりませんが、自分の歩みたい運命がどんなものなのかは知っていることでしょう。知っている通りの運命になるにはどうすればいいのでしょうか。自分自身の手で方向を変えればいいのです。簡単な工夫によって自分の運命は大きく変わる。目の前にあるゴミをゴミ箱に捨てるだけでも大きく変化するのです。
近道はいくらでも探せますが探す時間が惜しいのならまずは一歩を踏み出すべきなのだ。
私の知り合いが話していた言葉です。それは道だけの話ではありません。すべてに適応されるものだと思います。遠回りに見えるかもしれないけれど何か意外な発見があるかもしれません。それが自分の求めている運命に必要不可欠なものかもしれないと思うと何でもやってみたいと思うものです。
運命を知ることができないのなら作ってしまえばいい。きっとそこに求めている答えがあると信じています。そんなカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:05| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

カルボレンといいます! 〜その786〜

眠る直前に見たものが夢に反映されることは良くあることです。眠る前に起こったことが反映され混じりあい、不思議と現実的であり、かつありえない状況になったりするのです。自分が望んでいるようで望んでいない世界。驚いたことは印象に残ったことをただ脚色をしてリピートする夢。様々な夢を見ますがベースは現実世界で見たことなのです。印象に残ったことが別のものに置き換わったり、イメージになったりすることによって現われるのが夢なのですから。
だからこそ見たくない夢も見ることがあります。見たい夢を見ることもあります。どんなことが自分の印象に残っているかによって大きく変わるのですから。その衝撃ともいうべき印象は次々に上書きされ、その日一日に起こった出来事のなかでも特に記憶に残っている場面を切り合わせ編集したものを夢として見るというのならば、眠る前に良いことがあったらいいのに。なんてことを思うわけです。
見たい夢がある人はその見たい出来事にインパクトがなければならないのです。どうすれば衝撃的な出来事にすることができるのか、それは工夫次第なのかもしれません。夢を見る努力を続けたいと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:19| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

カルボレンといいます! 〜その785〜

一日水を飲まないと喉が渇きます。それは事実です。喉が渇いたと感じたときに水を飲まないと後で後悔することになります。そんな経験をした人はたくさんいるでしょう。仕事の最中や運動の最中、区切りのよいときに水を飲もうとしていたというのに、そんなことを忘れて熱中し、いつの間にか頭が痛くなっていることがあります。それは喉が渇いたというサインにさえ気がつかないほどに熱中をしていたからなのでしょう。なぜ人はそんな大切なことでさえも見逃すことができるのでしょうか。そうして非常事態に陥る人は後を絶ちません。必ずといっていいほど己を過信し、後々に響くような失敗をしてしまうこともしばしばです。
人はあまりにも当たり前のことに慣れてしまっているのかもしれません。なのでそれに対して脅威を感じることがなくなっているのです。どうしてその行動をしているのか、それを顧みずに蔑ろにしてしまったらどんな結果になるのか。それを知ったとき身震いすることになるのでしょう。
なぜ人は睡眠をとるのか。なぜ人は食事をとるのか。なぜ人は働くのか。すべて当たり前のことですが、それが当たり前だからで片付けてしまうのはとても危険なことなのでしょう。
当たり前が当たり前であるためにできることをしたい、カルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:33| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする