2018年04月06日

カルボレンといいます! 〜その781〜

気まぐれにたくさんの出来事が起こります。その出来事は自然に起こるのです。なら楽しんだほうがいいですね。どんなことが起こっても楽しめばいいのです。喜怒哀楽を感じることができるのはいいことなのです。起こることを分析し、なぜ起こるのかを考える。これからなにが起こるのかを考えることができるのです。何もしなくても毎日何かが起こり、何も変化しないものなんてないのですから。
その変化は微々たるもので大したことがないのかもしれません。ときに人生の根底を変えてしまうようなことが起こるのかもしれません。そのすべてを知ること、記憶すること、理解することはできないことでしょう。しかし興味があるのです。興味があるからこそ毎日起こることを楽しくなり、毎日起こることが恐ろしくなるのでしょう。望んでいても避けようとしても目の前にまで迫ってきているのですから。
明日何が起こるか分からない。数時間後、数分後、数秒後。なにが起こるか分からない。
何が起こったとしても後悔をしないようにしないといけないのかもしれません。選択を間違えないように。カルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:04| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sponsored link