2018年06月11日

カルボレンといいます! 〜その843〜

一日にできる作業量というのは限られていますができる限り多くのことをしておきたいものです。やりたいことが多いと一日という時間があまりにも短く感じて窮屈になります。しかし何をしたらいいのかと考えるのは時間がもったいないと感じてしまい、ただひたすら自分のしたいことから順番にやることは効率がよいとはいえません。果たして効率よく自分のしたいことをするにはどうすればいいのか、と考えてしまいます。
しかし大抵のものはやっているうちにやるべきことが見つかるものであると信じており、ただただやるべきことを見付けるためにやりたいことをするのです。そうしているうちに自分の作業が間違っていることに気がつき方向転換をすることができ、さらに突き詰めていくことも可能なのかもしれません。
自分の人生を振り返ってやってきたことを思うとどうなのでしょうか。これからするべきことの一つの指針になってくれるのではないでしょうか。私がするべき作業はなにで、どうすればいいのかを考えることができるのではないでしょうか。やってきたことを振り返りより良い人生になることを祈る、そんなカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:31| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする