2018年07月02日

カルボレンといいます! 〜その863〜

人の体は鍛えた場所がそれなりに変形します。強くも弱くもなるのは面白いものですね。それなりに順応しようとした結果なのだと思うと面白く感じるかもしれません。どんなものにも要因があるというのならそこから推測することがあるのでしょう。どうしてそうなったのか、考えるようにし始めていたのは、それも自分なりに順応した結果なのかもしれません。外面だけではなく内面も鍛えることで変化するのです。何もしなくても変化するのですけどね。変わらないものなんてなにもないのですから。どうせだったら自分の求める変化を求めるのです。どんな過程で望む変化になるのか知っておくことで調整することができるのでしょうか。そんなことを考えるのです。
人には理想像というものがあってこそ、行動を行なうのでしょう。理想がなければ人はなんとなく日々を少し自分の望まない結果になることもあるのです。そうならないために理想を作り、理想を追い求めることで崩れないようにしないといけないのかもしれませんね。それが難しいのかもしれませんが。
そんなことを思いながら理想を考えているカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:52| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sponsored link