2018年07月26日

カルボレンといいます! 〜その886〜

新しいことに挑戦するのは大切なことです。その結果としてどんなものを得られるかはわかりませんが、そうして得たものが自分自身の新しい発見になるに違いありませんから。それが損であるか得であるかなんて関係ありません。新しい挑戦をして結果を得るということが大切なのです。なにも新しいことがないなんて生活はつまらないのでしょうから。普段の何気ないことから新しいことに少しだけ挑戦してみてその違いを味わうだけでもいいかもしれません。それだけで、少し変えるだけで新しい発見があるというのは驚くべきことではないでしょうか。それだけで面白いものなのだと思えてならないのです。
その新しい挑戦をするときにはなんだかドキドキします。手が震えるほど緊張することもあるでしょう。それが大きければ大きいほど、ある意味期待をしているのかもしれません。手に入れることができるかもしれない新しい自分自身に対してか、新しい事実の発見を望んでかは分かりませんが。
やらないのでは何も変わりません。何もしないで手をこまねいているくらいであればまずはやってみる。そしてその反応を見るというのも大切なことでしょう。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 16:56| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sponsored link