2017年06月19日

カルボレンといいます! 〜その491〜

ふと気がつくことがあります。あぁまだやっていなかったか。そんなときにやり始めるのは遅いのでしょうか。遅いのはまだ大丈夫ですね。まだ間に合うのですから。間に合うのならばいつやってもいいと思うのです。期限があるものというのはそういうものです。期限ぎりぎりに提出するのは相手方に悪いような気もするものですが、それでも守ったことには違いありません。その期限に対して一秒でも遅れてしまったらそれは駄目なのでしょう。そんなことがないように注意はしつつ、期限が迫っているものがあって、それを視覚化したいとも思うことはあるのです。
色んなものをメモしている人がいます。それは忘れないための工夫です。忘れないようにメモをしておくと、ちゃんと期限に気がつくことができるのです。いっそのこと期限の切れそうなものがあったら報告してくれるものがあったらいいのに。なんてことを思っていたらこの世界にはもうすでに、そんな機能があるのですね。
意外と探してみると色んな機能を持ったものがあるのです。この世界は便利になったものですね。そんなことを思いながら、締め切りぎりぎりのものを必死でやっているカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 23:14| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: