2017年08月08日

カルボレンといいます! 〜その540〜

さて、一度いい目に遭っていると、再びそれが起こると思ってしまい、それを狙ってどんどんと力をつぎ込んでいくということがあります。そして、そういうときには、再びいい目に遭うことはないのかもしれません。忘れた頃にふとやってみて、なぜかうまくいくことがあります。その違いはなんでしょうか。人によっては物欲によって避けられていると思うかもしれませんが、実際に物欲に反応して、避けるような設定でもしてあるのでしょうか。
それに関しては人が設定した機械などに多くあることですが、自然界でも当然、存在します。たくさんいる生き物も狩り尽くしてしまえば、その場所で再び獲ることは難しくなります。長い年月が経てば再び帰ってくるのでしょうが、連続をして搾取することができるようなものは少ないのです。利害が発生するものは特にそうで、何も考えずに手に入れることができるものはないのでしょう。
そう考えると、一度でもいいことがあった、ということで満足をし、再び必要になったときにやるといいのかもしれません。常に心に余裕をもって行動しないといけないのかもしれませんね。そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 20:58| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: