2017年12月06日

カルボレンといいます! 〜その661〜

夢の世界というものがあります。しかしそれは本当に自分のなかだけにしかないものでしょうか。
自分の想像のなかだけで存在しているものなのでしょうか。
ときに思うのです。実は現実に過ごしているわたしが夢であり、夢のなかが現実であるのではないか。
もしくは現実だと思っているものも、夢だと思っているものも、ひとしく現実なのではないか。
どちらにしても、人は認識しているのです“その場に自分がいる”のだと。
しかしそれは自分がそれを意識しているとき、現実では現実の自分を意識しているからこそ夢の自分に気づくことができず、夢では夢の自分に意識が向いているからこそ現実の世界を忘れているのだと認識しているのですが、現実のなかで夢を見ることができ、夢のなかで現実を思うことができる。
それはきっと現実も夢もどちらも存在し、本来は行き来することができるものなのではないかということです。
現実がひとつだと思っていて、さらに夢の世界は無限に存在するかのように思われる。どの夢の世界でも自分は生まれ、もしくは死ぬこともある。それでもわたしが生きているのは自分と意識を共有している何者かがいるということになるのかもしれません。夢をあまり覚えていないのは、それらの世界を混合させないため。
人にとって夢はかすかで、虚ろで、淡いものでなければならないのかもしれません。そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 23:12| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: