2018年05月15日

カルボレンといいます! 〜その818〜

時間がないときにはしっかりと内容をまとめなくてはいけません。必要な部分だけをピックアップして取捨選択しなければならないのでしょう。しかし捨てる部分がない場合はどんなことをしなければならないのでしょうか。
できることと言えば別の言葉に置きかえたり、同じような意味をまとめたりしてやらなければならないのかもしれません。意味が変わってしまわないように注意しつつ、言いまわしを変えるというのは楽しいものです。違う言葉なのに同じ文章になる。それが不思議であり面白いと思えるのです。それが人に伝わるかどうかは別の話ですが。
たくさんの内容を簡潔に説明しようとすると間違って伝わることが多いのです。その本当の意味が伝わらず勘違いして理解され、悲しい思いをすることもあります。自分が説明する立場になったとき、どのようにまとめて説明するか。ということをしっかりと考えて伝えなければならないのでしょう。それは努力が必要なのでしょう。
自分自身がその内容を完璧に理解していて、まとめる力がなければいけません。そう考えると人にまとめて伝えるというのは難しいな。なんとことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 16:55| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

sponsored link