2018年02月23日

カルボレンといいます! 〜その740〜

言葉は魔法、文字は呪文なのです。人間は言語を自在に操ることができることこそが魔導師といえるのかもしれません。人は常に呪文を学び、魔法を唱えているのです。自分の思い通りに展開させるための始原にして最強の魔法を。
人である以上、しっかりと言葉を学ばなければならないのでしょう。生きているうちに完全に会得することのできない難解なものでありながら、誕生してすぐに会得することができる簡単な魔法。単純にして複雑。苦労をしなくてもある程度を得ることができるけれど、突き詰めるには長い年月を要する。
そう考えるとある程度の魔法が使えたらそれでいいかな、なんて思います。
せっかく手に入れたものなのです。それを自由に使えたらどんなにいいかと思います。うまく使うことによってどんなものでも生み出すことができ、消失させることもできるのです。良くも悪くも印象を変えてしまうこともできる万能なものとどう付き合っていくのか、考えても面白いのではないでしょうか。
そこで問いたいのです、あなたの魔法力はどれほどのものでしょうか。魔法とは何かと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:48| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

カルボレンといいます! 〜その739〜

人の変化というものは突然にやって来る。何が引き金になって変化するのかはわからない。そしてその変化に気がつくのは、距離を置いていた人だということにも注目したいものです。突然の変化、急激な変化だとしても、距離の近い人は以外と気がつかないもので、ふと過去に立ち戻ったときに思い出すのでしょう。「彼はいつの間に変わってしまったのだろう」
それは自分の場合も同じであり、過去の自分を知っていれば、自分の変化を理解することができるのでしょう。自分の変化に気がつきたくないとしてもふとした時に気がついてしまうこともあるのです。そのときは過去の自分自身に戻るチャンスを得るのかもしれませんが、過去の自分に戻りたいと思うことはあるのでしょうか。昔の自分を思い出そうとしてもなにも思いだせない私は、なにもわからないからこそ、昔の自分に憧れているのかもしれません。
人は信号によって動いているというのなら、ちょっとした衝撃で信号の変化は起こるのです。その信号の波形さえわかれば矯正をすることは可能なのでしょう。自分は今、どんな波形なのでしょうか。少し考えてみたいカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:40| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

カルボレンといいます! 〜その738〜

人の慣れとは恐ろしいもので、どんなことにも適応していくことでしょう。たとえ毒であるとしても微量であればそれに耐えることができ、徐々に免疫ができていくことで量を増やしても大丈夫になることもあるのです。どんなことでも一気にやってしまうより、小分けにしてやったほうが体がついてくるというのに似ているのかもしれません。
人の体は環境に合わせて大きく変化をしていきます。一番顕著に表れるのは皮膚でしょうか。よくこすれる部分は硬くなり、ダメージに強くなっていく。手のまめを見て何をしているのか当てるというのは、何かをすることによって生じる見た目の変化から推測しているにすぎません。手は人が作業をするうえで必ずといっていいほど使われるもの。パソコンをタイプし続けていると手首にタコができるように、特別な模様を浮かびあがらせていくのです。それを上回れば骨格まで変わり、よりその作業をしやすいものへと変化していく人の慣れというものに驚きを感じているのです。柔かい素肌が柔軟な鎧のように変化していく過程を気がつく人はあまりいませんが、結果として残ったそのものは自分の努力した証として残ることでしょう。
昔の努力は代謝で消えるまで残りつづけている。それに活力を得たいカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:58| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする