2017年12月11日

カルボレンといいます! 〜その666〜

悪魔の数字となりました、わたしは悪魔になったのでしょうか。そんなことはないのです。どんなに数字を重ねたとしても人間でしかないのです。どんなに努力をしたとしても人は人でしかない。それはしっかりと理解していないといけないのでしょう。人は人なのです。
そんなことはわかっていると思いますが、人はときとして人ではないと思いこんでしまうことがあるのです。そんなときはきっと、自分が人だったということを忘れてしまっているのです。そんなときはどうすればいいのか分からなくなるのかもしれません。そんな人のためにいうのです。人は人でしかないのだということを。
どんなに善行をしたとしても、悪行を重ねたとしても同じ人間。それは認めなければいけないのでしょう。どんなに優れていたとしても、劣っているとして人は人なのです。それも疑いません。しかしどうして神や悪魔は生まれるのでしょうか。それは人がその存在を求めているからなのかもしれません。
届かないからこそ、なれないからこそ演じるのです。そしてそれが求めていることと一致して、そうだと信じてしまう。それがなんとも寂しいことなのかもしれませんね。
そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:02| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

カルボレンといいます! 〜その665〜

謎を謎のままにしておくことでできません。必ず何かしらの結果を追い求めることなのでしょうから。
だったら初めから知らなければよかった。そんなことを思うかもしれません。謎は謎として別のところにあってほしいのです。知らなければ思い、悩む必要はないのでしょうから。
しかし、人は生きて、考えているうちに謎が生まれます。人は常に気にしているのですから。
しかし気にしなければ人は謎に気がつかない。気にしないことが可能であればの話ですが。どうしてだろうという気持がなければ、目のまえにあるものだけが事実として残り、そこにあるものだけが存在することになるのですが、それを考えてしまったら、よく考えてしまったら次々と現れる謎に飲み込まれてしまうことでしょう。その追求は果て無くつづき、謎は常についてくるのでしょう。
それを避けたいという気持になってくるのです。きりがありませんから。
そのためには、確実なものばかりが、そこにあればいいのです。そんなことは可能でしょうか。
可能ではないから身のまわりには謎があふれているのかもしれません。そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:35| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

カルボレンといいます! 〜その664〜

何事もやりっぱなしというのはよくないことなのかもしれません。しっかりと最初から最後まで、やめるのなら跡を残さずにすべてを片付けるくらいのことをしないといけないのかもしれません。そうしなければ、きっと後で自分を振り返ったときに、己の中途半端さに悲しくなるのです。終わりとするのであれば、その終わりは美しくありたいと願うのです。終わり良ければすべて良し。それを信じて疑わないのは、わたしが今まで残してきたやりっぱなしの痕跡を見てきたからなのかもしれません。
ついつい見てしまうのです。投げすてて放置してきてしまったものを。それはわたしの興味があったものであり、振り返ればその頃のことを思いだし懐かしく思うことがあります。それとともに、その程度でやめてしまった自分を恥じて、もっと頑張ればよかったと思うこともあるのです。その気持が今の自分の頑張りを弱めてしまうものであるのならば、見ないほうがいいのかもしれません。
そうなったとき、それらはきれいに片付けてしまわなければいけないのでしょう。きれいに整理して今の自分を貫きたい。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:30| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする