2018年06月19日

カルボレンといいます! 〜その851〜

物事は順調なときがあればそうでないときがあります。それは何が違うのでしょうか。世界は常に一定の確率で動き続けているのです。それを自分たちの都合で良い、悪いを判断しているわけであり、なんとも自分勝手だと自然には怒られてしまうかもしれません。ときにその怒りは人に罰を与え、人々はそれを神の御業だと崇拝した歴史があるのです。人は自分の理解できないものを未知なる力に置きかえることを好みます。神さま、幽霊、怪物……私はそんな考え方が大好きな人なので、そんな物語ばかりを好んで読んでいるのです。もちろん、きちんとどうしてそんなことが起こったのかということを科学的に知っていたほうがその物語はより面白いのですが。
人の見えなかった力を可視化する。それでもなお強大な力は我々に思わぬ影響を与える。だからこそそれを利用しようとする存在や恐れる存在、様々な反応があるのでしょう。その反応がたまらなく面白いために人々は物語を書き、読み、堪能することでしょう。
そうして培ってきたものが今の世界であるというのなら、不思議な過程を経ているのだな、なんてことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ

posted by さくら紅葉 at 18:14| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

カルボレンといいます! 〜その850〜

毎日予想外なことがあるからこそ、人生は楽しく恐ろしいのでしょう。何が起こるか分からない。それが良いことか悪いことかもわからない。一瞬で状況が反転し、明暗が変わり、まるで異世界に移動したかのように錯覚することさえあります。夢のような景色、幻をみているかのような感じ、ついつい現であるということを忘れて望んだ行動をしてしまいたくなります。理性というものを失いたくなることもあるでしょう。しかしここが現であるうちは、人は人であり続けなければならないというのは大変なことかもしれません。しかし人はどこまでいっても人であり、王でも君主でもないのです。獣でも動物でもないのです。理性がある人間なのです。そのことに誇りを持つことは問題ありませんが、度が過ぎる誇りはときに思わぬ結末を迎えることになるのでしょう。
しかしそれも含めて人だというのなら予想外なことが起こるのは当然のことで、人の思惑が予想外を産む要因の一つになっているのでしょう。それが夢を見ているように感じることがあります。夢であってほしいと思うこともあります。そんなときは声高に言えばいいのです。それは嘘であると。
いつまでも異世界に逃げることができないというのなら、誇りなんて捨ててしまえばいい。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:23| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

カルボレンといいます! 〜その849〜

何度も繰り返していくとそれは気になるものになるのでしょうか。そんなことはないでしょう。繰り返すだけでは刺激が足りないのです。そのうち疎ましくなっていくことでしょう。そうなってしまったらシャットアウトされておしまいです。なにか変化がなければいけません。何年も、何十年も続いているものに飽きてしまう前に何か工夫を繰り返して、人は技術を高めていったのです。しかし簡単にはいきません。それに失敗したものから順番に廃れていく。そうしてまた新しいものが生まれていく。それが嬉しいと思う人がいれば悲しいと思う人がいる。しかし少数のものは我慢しなければならないなんていうのは悲しさに拍車をかけることになりますね。
少数が泣くという事態はあってはならないのですが、少数がピックアップされるのも嫌なのです。そんなときには限られたコミュニティのなかで盛り上がる程度のもので良いのだと考えます。最低限度でもいい、それが生きがいになってくれるのならそれ以上は望まない。そんな気持ちがあればうまくいく世界であればどれだけいいのでしょうか。欲を捨てきれないというのは嫌なものなのです。良くもなく生きがいを求めるためだけに頑張っていくことで成功することができる人はどれくらいいるのでしょうか。色々考えてしまいます。
繰り返したとしてもそれは何のためでしょうか。好きなことを繰り返すのは自分のためなのです。頭がこんがらがりそうなカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 21:36| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする