2017年06月25日

カルボレンといいます! 〜その497〜

自分の見ている世界だけが世界ではなく、この世界は広くて把握しきれないのです。自分の世界と他人の世界、そして何の意志も影響しない世界に分かれていて、その大きさを比べると自分の世界はあまりにも小さいのかもしれません。この世界は広すぎて誰も把握することができず、自分の見ている世界だけを知って、世界を知っている気になっているだけなのです。表があり裏がある、楽しさの裏には苦労がある。笑っているように見えて、実は泣いている。そんな状況になって初めて、人はその世界を知ることができるのです。そう考えると自分の知っている世界は、全体のどれくらいなのでしょうか。とても考えることができないほどに微細なものなのでしょう。
そうしてこの世界から脱け出して、別の世界に入ってみたいと思っても、その世界からは否定され、拒絶され、そして排他されるのです。そう考えると自分の世界だけでもしっかりと把握しておこう。なんて、そんなことを思うのです。
自分の世界のことを知らない人が深い闇を見てはならない。自分の世界を押し広げて、そして見えてくる世界が自分の限界なのだということを把握するべきだと思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:01| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

カルボレンといいます! 〜その496〜

ジンクスやおまじないという形で自らに制限をかけることがあります。それをしないとなんだか落ち着かなくなったり、うまくいかなかったような気がする。それはきっと思い込みの力なのかもしれません。脳が勝手に、この行動をした後はうまくいく。とインプットしたために、それをしないとうまくできないと体が思い込んでいるのかもしれません。なので、それをやった後はうまくいくということを身体に教え込むことによって、調子を常にキープすることができるのかもしれません。
どんなことでもいいのです。簡単なことでいいので、やるべきことの前に何か動作をする。手を高く上に掲げるとかそんなことでいいのです。その習慣をつけることによって、気持ちが切り替わり、その行動を成功へと導くきっかけになってくれるのかもしれません。一種のくせのようになったのであれば、きっとどんなときでも同じだけのパフォーマンスを出せるようになることでしょう。
そのためには成功のイメージと動作との関係を関連づける必要があって、その作業は簡単ではありません。続けることで定着するのでしょう。毎日、続けていこうと思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:47| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

カルボレンといいます! 〜その495〜

最近、落ち込んでいることが多いカルボレンです。落ち込むときは落ち込む要因になるような出来事が立て続けに起こっているような気がしますが、実際にはそんなことはないのです。普段は普通に思っていることでさえも、いつもよりも不幸だと思ってしまう。それは自分が今落ち込んでいるから悪いことが起きる。ということを思っているからなのでしょう。悪い気持ちのときは悪いことが起こると思い込んでいるのです。
どんなことが起こったとしても嬉しいことだと考えることができるのなら、落ち込むことはないのでしょう。ポジティブな人はどんなことがあっても、マイナスのことを考えることはないのかもしれません。辛いということさえも気がつかないかもしれません。そんなふうになるためには、初めはどうすればポジティブに考えることができるのか。ということを考え、そしてそれが自然にできるようになるまで。悪いことを頭の中から除外し、楽しいことだけを考えることができるようになったら、きっと誰よりも幸せ者になることができるのでしょうね。そんなことを思うカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 19:43| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする