2017年10月22日

カルボレンといいます! 〜その615〜

つまらないものをやらなければならないときに、なにか目標をつけるとやりやすくなるのはよくあることです。なにか法則や、どんなものなのかを知ろうとすること。極めていこうとすることなど、様々な工夫を凝らしてつまらないものを面白くしようとするのです。その方法はそれぞれで、自分に合った方法を見つけるまで、工夫するのでしょう。
わたしにとっては一つの作業を繰り返し行うことが多いので、そこから得られる情報を数値化し、その数値をまとめることで、得ることができる結果から法則やルールを作りだすのが楽しいと感じる人なので、データの量を増やしながら、ブレがなくなるまでやり続けることができるのです。ひとつのデータから得ることのできないものも、数千、数万というデータが集めれば、そこから得られるものがあることでしょう。そのデータが確実になることはありませんが、限りなくそれに近づけていくことができる。一よりも百、百よりも千、千よりも億・兆・京とやっていくうちにデータはぶれのないものになっていく。それが楽しいのです。
そうしているうちに何時間も続けることができる、そんな作業を楽しみましょう。そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:02| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

カルボレンといいます! 〜その614〜

謎の雰囲気というものは楽しいものですね。自分の知らない世界、空間に入りこんでいくようなことがあると心が躍ります。神秘的であっても、冒瀆的であっても、わたしはその雰囲気を味わい、噛みしめ、そして自らの力に変換することができると嬉しい。そんなことを思うのです。
わたしはそんな雰囲気の場所を求めて、さまざまな場所に赴き、風を感じようと試みることがあります。場所によっては、相応しくないような不気味さを感じたり、心が躍るような感覚を味わったりすることがありますが、その理由がどうしてなのか、ということを考えるのです。明らかに普通の場所であるというのに、なぜか普通ではない。ちょっとした風に恐怖を感じたり、太陽の暖かい日差しに癒されたりすることもあるのでしょう。
しかし、場所によってはそんなファクターをなにも感じない場所だというのに心の奥底で何かを感じているような気がする場所もあるのです。記憶を掘り返し、どうしてかわからない気持ちに怯える。それはとても楽しいことなのかもしれません。
そんな場所はめったにありません。造られた、そう仕組まれた雰囲気では感じられないそんな場所。どこかに見つけられたでしょうか。そんなことを思うカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:49| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

カルボレンといいます! 〜その613〜

まったく関係のないところで運をつかってしまうと、なんだかもったいないような気がしますが、運はあったり、なかったりするものではなく、常に一定にあるはずなのです。運が良い悪いは思い込みなのです。悪いと思えば悪い。良いと思えば良いのです。なぜなら運は常に平等にあり、良くも悪くもない位置で留まりつづけているのですから。
なので今だけは運が良くあってほしいと思っているときに限って外れると、人は運が悪いと思うのです。
逆に運が悪いからダメだと思っているときに運がやってくると、人は運が良いと思うことでしょう。
なので、運を確率として見ることで、自分の人生が常に50%の確率で動いていると思うといいのではないでしょうか。起こるか起こらないかわからない。あるかないかわからない。雨が降るか降らないかわからない。そんな50%の魅力としてはどちらになったとしても納得できるということです。確率がわからない運に関しては50%でありたいと願うものです。
運が良くても悪くても、結局わたしはここにいてなにかをしているのですが、そんなものによって自分の感情が動かされる。それが煩わしく感じてきたカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:32| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする