2018年07月13日

カルボレンといいます! 〜その874〜

言葉を調べていると永遠に続けることができるのです。言葉は常に変わっていくのでしょうから。
今と昔の言葉を見比べることや色んな世界の言葉を知ることで分かることもあるのでしょう。そして最終的には未来の言葉を手に入れることができるのでしょうか。言葉を知ればおそらく新しい言葉を作りだすことも可能になるのかもしれませんが。
一つの言葉を完璧に理解すれば他の言葉と重ね合わせることができるのかもしれません。まずは一つを完璧にする必要があるのかもしれません。それだけでも一生を費やすことができるのでしょう。昔から今までのすべての変遷は興味深いものかもしれません。しかしすべてを知ることができるのでしょうか。色々と調べてみたくなりました。
まずは日本語を理解しないといけません。そうしなければ他の言葉の良さも分からないことでしょう。一つを知れば他のものの良さにも気がつくことができるのでしょう。それはどんなものでもよいのです。どんなことでも知ることで何か新しいものを手に入れることができるのですから。
私はとりあえず言葉を知らなければいけないのだと、そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 16:58| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

カルボレンといいます! 〜その873〜

楽しいことをするときの人の行動力は素晴らしいものがあり、あるものを求めて世界各地を旅したり、多額のお金をかけたり、時間を費やしたりして楽しさを手に入れようとすることがあるのです。それはどれだけの行動力なのか考えるとどこからやってくるのか分からないほどパワフルで不思議なものなのかもしれません。好きなことを始めるとまるで今までとは打って変わってまったく違う姿を見せる人や空気すら変化し熱気が高まったような感じがする。そんな人たちが集まってそれを広めようとしたのなら、見ている人もそれに加わりたいと自ずと集まって来るのかもしれません。そうしてコミュニティを作ってそのなかだけで楽しむのならとても楽しいことでしょう。それだけで済めばの話ですが。
結局楽しいという基準は人によって違います。インドアが好きな人、アウトドアが好きな人がいるようなことに似ているのかもしれません。違った感性の人を無理やり集めるよりは同じ感性を持った人を探したほうが後は楽なのです。同じ方向を向いていればベクトルのように行動力は高まり、加速するのでしょうから。
そんなことを思ったカルボレンなのでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 17:38| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

カルボレンといいます! 〜その872〜

自分の体調を可視化できるとどれだけ楽なのでしょう。自分の体調を感覚だけで確かめるのは難しいものです。なんとなく身体が重い気がするだけで病気であるとは限りませんし、元気そうに見えて何かが悪くなっていることもあるのです。精密検査をしたとしても数値ばかりでは見てもよくわからないでしょう。ならば常に体のデータを分かりやすく常に可視化することができたらどれだけいいかと思います。まぁ悪い部分だけが見られればそれでいいのですが。
ゲームの世界のように自分のパラメーターが常に見られたら良いのですが。そうすれば自分の異常だけでなく、自分がどんなことに向いているのかを考えるデータとなるのでしょう。自分が何に向いているのかを知ることは難しいのです。自分がそのことに向いていると思いこんだものを続け、ある程度の技術になって、本当に向いていたものはやらないままである。そんなことばかりですが気がつかないからこそ充実することができるのかもしれません。
向いていると楽しいは別物かもしれませんけどね。そんなことを思ったカルボレンでした(´っ・ω・)っ
posted by さくら紅葉 at 18:32| Comment(0) | カルボレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sponsored link